ドロップハンドル嫌い問題&スタイルの違い

店でよくこの話になる事が多かったので
ひとつここらで説明をしておこうかと・・・

まずは自転車を買う場合に車種を何をセレクトするかという事ですが
街乗りからロードバイクまで幅広いです


静岡県中部では坂も少なく東西に長いので
比較的に中〜長距離乗れる物を選ぶと


自転車の楽しさを感じやすいと思います!



お勧めするのがロードバイク・ファットロード・DISCロード・など
変速付きのドロップハンドルのモデルが多いです





そこでみんな口を揃えて言うのが
「ドロップハンドルじゃなかったら買うんだけどな〜」っと


気持ちはよーく解ります
俺も最初はそうでしたから


「でも乗ってみると、すぐこっちの方が良いのが解りますよ!」
的な説明するのですが


見た目が嫌だって方に何言っても通じるわけ無いっす
そこで当店に来る方々が何故嫌がるのかというのを検証してみました。



まずはドロップハンドル=ロードバイクの皆さんの感じてるイメージを
オートバイで説明してみます


オートバイで言うとフルカウルにつなぎ見たいなイメージ




ラフな服装でもこんなイメージなのかな?




ToxicWorksに来店される方々が
カッコイイと思うイメージは
アメリカンバイクなどに代表されるようなイメージ




服装もラフにワイルドな感じとでも言うのか



カスタムハーレー乗りたいやつに国産のフルカウルのほうが早いから
こっちにしろって言ってるイメージに近いんでしょうね



ただし自転車というのはエンジンではなく人力です
人間の力で動かす=運動になるので


漕ぎやすい・スピードが出やすい形ってのは設計上
決まって来てしまいます。


BMXでロード並みの移動性能を求められても
そりゃ無理って事になるのです


で皆さんのロードバイクに対するイメージは
ジャージにメット・ビンディングシューズ




トレーニングをしたい訳じゃないしカッコよく乗りたいのに
これじゃ乗りたくないって気持ちも解らないではないですね


ピストバイクブームがあったのは
上記のようなトレーニングイメージとは真逆の
スタイリッシュな街乗りイメージが根底にあったからだと思います





見た目のイメージ的にはドロップハンドルはNGだけど
この写真のようなブルホーンバーみたいのは
なんかカッコイイと思う方が多いです


ただここで1個問題があるのが
ピストバイクのようなギアの無いシングルスピードモデルでは
田舎静岡県を楽しみにくいって事です


都市圏のように街から街の移動距離が短くて
ちょっと行けば何でも有る場所とは違うので


ある一定の距離を漕がなければ
面白い物に巡り合えないってトコです

そうなると変速ギアのモデルをお勧めする事が多いのです

カテゴリーから探す

コンテンツ